リノベーションでこだわりのお家を手に入れたい。新築ほど費用をかけず憧れを実現したい。遠藤工務店ではそのようなご相談を多数いただいております。

そこで今回は、難易度の高いご要望でも、費用を大幅におさえて実現できたリノベーション事例ご紹介します。

現在施工中でございますので、Before→After→施主様インタビューと3部にわたりお伝えいたします。

 

こちらもぜひご一読ください。

リノベーション日誌 #2 http://endou-koumuten.com/blog/366/

リノベーション日誌 #3 http://endou-koumuten.com/blog/404/

 

 

超難関大規模リノベーションの落とし穴 知識不足な建築会社が実は多い

大手メーカーなどは、そのネームバリューから安心できる印象があるのは確かです。しかしその反面、社員数も多く高度な知識を持つ営業マンが担当になるとは限りません。経験不足なスタッフが担当した結果、どんな状況にも対応できる漠然とした高額見積りになることも大いに有り得ます。

今回リノベーションした住宅は当初、他社営業マンから「元の構造が悪く費用がかさむ」と指摘があったそうです。そこで弊社スタッフが現場視察を行った結果、問題は見当たらず、むしろ手の込んだ建築だと判明しました。

実はこの「手の込んだ」という部分、既成の設計・間取り・材料を扱うメーカーからすると、非常に厄介なポイントとして扱われてしまうのです。

 

以上のことから、大手でもリノベーションの知識が必ずしも足りているとは限らず、高額な見積もりが発生するケースがあることがわかります。

 

予算内で実現できるリノベーションの仕組み

営業マンを抱えない遠藤工務店では、施工前に工事に関わる全ての業種、熟練の自社大工がリノベーション現場を徹底的に視察します。既存の構造をもとに施工内容の可否ををしっかりと判断し、費用をかける箇所、削れる箇所を細かく導きます。この工程が、予算を抑えながら品質の高いリノベーションへと繋がっているのです。

大規模なリノベーションになればなるほど、プランと見積りを明確にできる経験豊富な建築会社への依頼がとても重要です

 

※施工前内装

難関の大規模2世帯リノベーション  入念な下調べを重ねていたご夫婦納得のプラン

ご紹介する事例は、外観と2階間取りの一新、さらに外階段を取り付ける大規模リノベーションです。構造細部への理解が非常に重要な施工でした。感覚的には、2階に平屋を一軒建てるイメージでしょうか。

お客様はおしゃれ好きな今時のお若いご夫婦です。業者比較と下調べを重ね、リノベーションの知識と憧れの住まい像をしっかりとお持ちでした。タイトル通り大手メーカーで予算以上の見積り、別の工務店ではデザインがしっくりこないなどの経緯を経て、遠藤工務店にご相談をいただきました。

家づくりへの意識が高いお客様だからこそ、私たちのプランにご納得いただけたと自負しております。

 

トレンドかつ飽きないシンプルモダン 友人家族とホームパーティーができるお家

1階は祖母の居住スペース、2階がご夫婦家族のスペースとなります。LDK・水回り・主寝室・ロフト付きの子供部屋と、お客様ご希望の間取りを全て増設するプランとなりました。

奥様憧れの対面式キッチンは、ご友人とホームパーティーを楽しめるように間取っています。

特に技術の要する外階段は、窓の位置や日当たりを計算した上での施工しなければなりません。外階段設置により、完全分離の二世帯住宅となります。

外壁には窯業系平形スレートの「ソリド」を採用しました。石材のようなシンプルかつスタイリッシュな質感で、デザイン性の高いショップやオフィスなどでも使用されています。

バルコニーの床には半透明のグレーチング材を使用し、1階リビングの日当たりもしっかりと確保してあります。

リノベーションはデザイン性だけではなく、暮らしやすさの向上もしっかりと視野に入れなければなりません。

 

※施工前内装

次回の完成お披露目をご期待ください

次回はいよいよ完成したリノベーション実例をブログにて公開いたします。元のお家からどう生まれ変わるか楽しみにしていてください。

遠藤工務店ではリノベーションのご相談を承っております。建築会社間で費用を比べたいなどのご相談はもちろん、小規模リフォームから今回のような大規模リノベーションまで、お気軽にお問い合わせください。

 

こちらもぜひご一読ください。

リノベーション日誌 #2 http://endou-koumuten.com/blog/366/

リノベーション日誌 #3 http://endou-koumuten.com/blog/404/